不動産投資をするなら土地柄を把握しておこう

紙幣を持つ女性

中心部に人が集まる

つみきとお金と電卓

二足の草鞋の投資方法

京都は世界的な大企業が多く、学問の街や観光の街という顔の他にも、仕事の街という側面を持っています。市内の中心部には、銀行が集まる金融街ともいうべき場所があり、周辺には真新しい高層マンションがたくさん建設されています。働くサラリーマンやOLにとって新築分譲マンションを保有した不動産投資をするには、京都の中心部は最適です。そのため、会社勤めをしながら、月給という安定した収入を得つつ、なおかつ不動産オーナーになるという、二足の草鞋を履く人が急増中です。特に20代後半から30代前半の未婚男女に多く、仕事をしながらできる投資方法であることが理由となって、じわじわとその不動産投資家数を増やしているのが京都です。

市内中心部は人が多い

京都の人口は各区ごとに見てもかなり多い方ですが、市内中心部は働く人が多くなっています。金融が盛んな場所は繁華街とも連動してにぎわっていますので、このエリアに住もうという人は相対的に金まわりのいい人たちです。そうした場所に不動産投資対象の物件を買うことができれば、富裕な人たちが入居者になってくれます。富裕な人たちは争いを好まない人たちでもありますので、穏やかに、そして安定した不動産投資ができることが特徴として挙げられます。たいていは不動産業者に仲介してもらって投資を行うことになりますが、それでも富裕な人たちが入居してくれる物件を持ち、金回りのいい層が入居してくれていると考えると、落ち着いて不動産投資に臨めます。京都市内中心部なら、常に上質の入居者が確保できるでしょう。

どこに物件を買うかが大事

積み木とお金

大阪にも地価が高く、経済活動が活発なことから不動産価値が上がるという特徴をみせるエリアがあります。一方で郊外の住宅地が開け、家族層が住まいを探す需要が多く生まれることから、繁華街と住宅街のどちらでも不動産収入が得られる収益物件が探せるところが人気です。

女性に限定して大人気

セミナー

結婚や出産などで仕事や得られる収入に変化が生じやすい女性が、不動産投資で安定した収入を得ることに人気が集まっています。その際に気を付けるべき点は、女性向けの不動産投資セミナーに参加しつつも見方に偏りができないよう、男女問わず参加できるセミナーも選ぶことです。

賃貸経営していくため

マンション

個人で運営していくのが難しいマンションなどの賃貸経営は、一括借り上げでサブリース会社にお任せするという方法もあります。自分の資産を任せるので、信頼できるサブリース会社を選び、契約内容は事前にしっかりと確認しましょう。