不動産投資をするなら土地柄を把握しておこう

男性

どこに物件を買うかが大事

積み木とお金

地域で差があるのは同じ

毎年、地価の上昇がもっとも大きかった地域と地価がもっとも高くなった地域が発表されますが、これは収益物件という不動産を持っているオーナーとしては見逃せない情報です。地価が高いということは、それだけ多くの人が魅力を感じる街であるということを示しており、魅力があるということは住みたいと考える人が増えると予想できます。そのため、地価が高いという特徴を持っているところに、家賃収入をあげられる収益物件を持つことができれば、必然的に家賃収入は多くなります。一方で収益を上げる不動産物件の購入には高い費用が掛かるという特徴を持つことになり、地域によって購入価格に差があるのは日本全国どこでも同じで、大阪とて例外ではありません。大阪でいえば、キタと呼ばれる商業施設の集まる辺りがもっとも高くなっています。

暮らしやすさが人気

大阪はキタやミナミと呼ばれる繁華街があり、ここの便利な賃貸物件は人気ですが、それは仕事にも遊びにも便利に利用できる暮らしやすい住まいになることが一番の理由です。一方で繁華街は地価が高いことから、もう少し安いところを探したいという要望も大阪には多く、人が多く集まるものの、エリアによっては地価が少し安くなっているところもあります。さらに住宅が郊外へと開けていくドーナツ化現象は、大阪のような大都市なら必ず起こりますので、家族層に人気のある住宅街に収益物件を持つというのも一つの選択肢です。独身者が便利なところで暮らすのに選ぶ物件にするか、家族層に安定した入居をしてもらうための物件にするか、どちらも人気があるために考え方一つで選ぶ収益物件も変わってきます。